オリンピックはesportsを正式種目として認めるか?

オリンピックはesportsを正式種目として認めるか?

作者サマリー

2018年12月8日にIOC(国際オリンピック委員会)はesportsのオリンピック競技としての参加に対する是非について議論が成された。参加反対派の意見としてはゲーム産業自体が営利目的であると共に、技術の急速な発展により懸念される技術のフラグメンテーション化である。

しかしながら、EA Spots社によるFIFAシリーズ(サッカーゲーム)を筆頭に、実在するスポーツを題材にしたゲームに関しては肯定的な意見も出ている。ゲームを通して実在のスポーツビジネスにも良い影響をもたらすと考えている様だ。

これらはあくまでオリンピックの協議として正式採用するかどうかの議論であって、IOCのグローバルススポンサーであるIntelがesportsの国際市場におけるマーケティング活動に歯止めが掛かる事ではない事も合わせて強調していた。

作者インサイト

筆者もFIFAはプレーするが、XboxなのかPS4なのかとコンソールが統一されていない事からIOCの懸念点は納得できる。またオリンピックは過去にもプロスポーツ選手は参加すべきではないなど規制を設けようとした経緯もあるため、まだまだesportsが正式にオリンピック競技として参加できるかは障壁がありそうだ。

Esportsとは言ってもゲームタイトルは多くあるので、esportsの中でもどのタイトルを採用するかなど、タイトル別での提案がカギを握るのではないかと筆者は思う。恐らく、個人戦ではなく団体戦として盛り上がりやすく、チームプレイがカギを握る様なタイトルが面白いのではないかと思う。

参照URL

https://esportsobserver.com/ioc-esports-olympics-premature/

コメントを残す

Close Menu