eSportsビジネスの将来性はいかに??

eSportsビジネスの将来性はいかに??

作者サマリー

カジノ都市として有名な米国・ラスベガスでは、eSports専用のスタジアムを建設する事により若い層の顧客を集客し、カジノへも流入する事でシナジー効果を期待している。eSports市場は2020年までに1200億円にまで伸びると予測されており、充実している年配層ではなく、若年層への新しいアプローチを課題としていた。

この新しいeSportsスタジアムでは既にeSports大会やイベントを実施しており、今回ラスベガスが実施している施策はeSports業界におけるモデルケースとなり得ると声が上がっている。

作者インサイト

米国でeSportsはGaming industry(ゲーム産業)という産業に括られているため、今回引用した記事の様にカジノと同じ市場と見なす事が出来ます。日本でもようやくカジノ法案が可決される方向で動いていますので、合わせてeSports市場もシナジー効果を期待できるかもしれませんね。

野球やサッカーの様に、eSports大会をオフラインで開催するためにeSports専用のスタジアムの建設を中長期的に是非検討して頂きたいですね。スポーツという事で、観客が不可欠なエンターテインメントの要素が強いため、新しいファンを引き付ける「箱」が欲しいですね。

既に幾つかゲームカフェなど存在しますが、競馬場の様にまだまだ女性だけでは入り辛い印象を打開する必要があると思います。ユダヤ教によるビジネス成功の秘訣でも、女性に受け入れられるコンテンツでなければいけない事も挙げられていますし 笑

コメントを残す

Close Menu