スコットランドでeSportsリーグ設立

スコットランドでeSportsリーグ設立

作者サマリー

プロゲーマーに限らず、誰もが参加する事の出来るeSportsリーグがスコットランドにていよいよ開幕する。採用されるのは10ゲームタイトルとなり、3月21日より毎週2ゲームタイトルずつ発表される予定だ。運営元はEsports Scotlandとなるが、ゲームタイトル別の各大会ではそれぞれ異なるマネジメント会社におる企画・運営される予定だ。

全てのトーナメントは25週間にも及び期間にて実施される予定で、それぞれのトーナメントの実績によりポイントを加算させてランキング付けしていく仕組となる。
ゲームタイトル別のリーグでポイント上位の個人又はチームは10月に予定されている首都エディンバラでの決勝トーナメントに参加する権利が与えられる。

スコットランドではeSportsの知名度はまだ低く、この状況を一新するための施策として注目を浴びている。プロeSportsチームもまだスコットランドには存在しないため、このSEL(Scotland Esports League)が火種になる事を期待している。

作者インサイト

イギリスを中心としてヨーロッパ各国はeSportsに積極的な姿勢を見せている中で、スコットランドにおいてはまだまだ発展途上国なのが印象です。その国で人気の球技に該当するスポーツゲームによりゲーム業界が発展していくケースが多いので、イギリスと同様にスコットランドでもFIFAが大きな人気を占めるのではないでしょうか。

もし「みんなのゴルフ」の様なゴルフゲームが開発されればスコットランドでもeSports業界の活性化に近づくかもしれませんね。

日本でも遂にeSportsプレーヤーに対してのプロライセンス化が正式に発表され、eSports大会も今後増えて来る事が予想されます。スコットランドは近隣国のeSportsマーケットが既に栄えているのでマーケットの成長スピードは速い事が予想できます。日本も上手くアジア諸国と連携して活性化させていって欲しいですね。

コメントを残す

Close Menu